杉村理恵子公式サイト

コラム


ピーリング

私が子供だった頃を思い返すと、30歳を過ぎたら「おじさん」「おばさん」なのがあたりまえでしたよね。

たまに、80年代当時の映像をテレビなどで目にする事がありますが、ヘタすると20代かもって思う女性もかなり老けている印象をもちます。

それにくらべて、最近の女性の若々しさったら・・・「美魔女」多過ぎです!!

私は職業柄そのような美魔女に遭遇する率がかなり高く、そのたび「お肌きれいですね」から始まり、お手入れ術やエステ、クリニックの情報を聞きまくっています。

美しい人は美に対する偏差値も高く、やはり皆さん色々努力しています。

若いころ美人だった女性も美の偏差値が低いと、30歳で崩れていきます「若いころはきれいだったのに・・・」って言われてしまうタイプっていますよね。
逆に、お顔のパーツが整っているわけではないのに、年をとるごとに美しくなる女性・・・。
美の偏差値ってとっても大切で、「美しくありたい」と思えるだけで、振る舞いやしぐさに気を使えたり、自分の肌と対話出来たりするのです。

30代は「おばさん」と呼ぶのを少しためらってもらえるような女性でいたいものです。
そして、40代50代と素敵な年の取り方をしたいですね。

努力、努力!!

最近の私の努力は、ひと月に2回の割合で受けている「ケミカルピーリング」です。
これまでも様々なクリニック試してきたこの施術、特に目新しいものではないのですが、美魔女のライターさんに勧められて、船堀にある慶友形成クリニックで受けています。

これがレーザーよりも効果があるように思えてしまうほど、とにかくここのピーリングはすごい!!

一緒に行うイオン導入にも、さらに感動!!
「ビタミンC」は、肌がパリッとする30パーセントの濃密ローションでゆっくり導入、そして、「プラセンタ」は注射器のアンプルから取り出した とんこつスープ臭のぷんぷんする濃い濃いプラセンタをたっぷり、たっぷり導入、これだけでも「今までのプラセンタってなんだったのかしら??」と思う 嬉しい興奮状態の私ですが、導入してくれる時間の長さにまたまた、感動してしまうのです。

注射のアンプルをお顔に使うクリニックは、ここがはじめてです。
しかも、シミには「トラネキサム酸」を 毛穴には「グリシルグリシン」と、時間をかけて丁寧に導入してくれます。
施術後のお肌は、透明感とハリと潤いでぷるっぷる!!

クリニックの場所が船堀なので、我が家から行きにくいのですが、それでも通わずにはいられません!!