杉村理恵子公式サイト

コラム


美容外科

最近の施術で何より効果があったのは、「線維芽細胞」の移植

まず耳の後ろから肌を少し切り取り、その肌から自身の線維芽細胞をとります。

その細胞と自分の血液を混ぜたものを培養液につけると、2か月でお顔全体に注入出来る
量の、自分の線維芽細胞ができるのです。

それを注射で顔全体に打っていく。

その効果は、線維芽細胞とは、お肌で栄養分やコラーゲンを作り出し肌に排出している、大事な大事な若さを保つ細胞なのですが、残念なことにそれは年とともに数が減少していってしまうのです。

そうすると、張りがなくなったり、肌が薄くなったりしてしまうんですね。

その根本治療が、この線維芽細胞を注入するということ!

私の場合、肌に張りが出て、うるおい肌になりました。
今年のこの乾燥にも全然耐えられるほど、うるおっています。

もとは、かなりの乾燥肌でした。

お勧めです。

私は慶友形成クリニックで受けました。
私の細胞はずっと保管してあって、またしたいと思ったら次回からは血液を採るだけでできちゃいます!!