杉村理恵子公式サイト

コラム


地震

仙台に生まれ、育ちました。
実家は5年前に兵庫に移りましたが、親戚も友人もみんな仙台にいます。。。

あの時、14:00過ぎに東京が揺れて、私は東京が震源地だと思っていました。

お休みの日だったので、すぐに上の階に住むお爺ちゃまお婆ちゃまの無事を確認
してから、余震の続く中娘を迎えに行きました。

その車中のテレビで震源地が福島で、その後も大きな地震が広範囲で起きていた事を知り、すぐにいわき市の従姉妹に電話をしたものの繋がりませんでした。
仙台の親戚も友人も誰とも連絡がつきませんでした。

ニュースで流れる悲惨な東北の街並み。
津波の恐ろしさ。

美しい海辺の優しい街並みが、強固な堤防を乗り越え一瞬で壊されてしまった。

それから二日後にようやく、電話で親戚達の無事を聞き安堵しましたが、友人と連絡が取れたのは、7日目いなってからでした。

電気が無いと電話も繋がらない。

いわき市の従姉妹は、姉が東京に住んでいて、東京からタクシーでいわき市い迎えに行き、東京に連れてきました。
高速道路はもちろん遮断されていた為、一般道を通れる道を探しながら迎えに行ったようです。

従姉妹の子供はまだ4歳。避難できて良かった。。。。

今は一日も早く被災地の皆様の復興を、日本全国の支援で叶えられ事をお祈り致します。