ヘアー& メイクアップアーティスト
杉村理恵子

1994年
ヘアメイクのアシスタントを経てフリーランスメイクアップアーティストとして活動を始める

2004年
ヘアメイクマネージメントオフィスAllureと契約

2008年11月
独立
◆主なタレント
本上まなみ内山理名
堀北真希奥菜恵
PUFFYTRF(YU-KI)
ユンソナキムテヒ
平山あやSHEILA
和希さや足立梨花
溝端淳平モーニング娘

など多数

◆主な広告
アサヒフード(榊原郁恵 足立梨花)
Convers(堀北真希)
NIKE(和希さや 足立梨花)
アサヒフードダイエット(ユンソナ)
ハンスキンBBクリーム(ユンソナ)
ライオン(本上まなみ)
明和地所(本上まなみ)
ビームス(本上まなみ)
MURANO (本上まなみ)
グリコポッキー(モーニング娘)

◆主な雑誌
VERY STORY HERS JJ oggi Scawaii など多数
T・P・Oメイク術

しっかりメイクすると若づくりに見えたり、薄くメイクすると不健康に見えてしまったり、年を重ねるごとにメイクは難しくなります。
例えば、子供のお迎えや近所へのお買い物に必要なのは「華のある元気なすっぴん風メイク」。それを朝の5~6分で仕上げる方法 があります。
また、いつもよりちょっとおしゃれしたい夜のお出かけなど、昔のままのメイクで済ませていませんか。若作りメイクをすると、かえって老けて見えてしまうものです。トレンドを意識しながらも本当の若々しさをつくり出すメイク法があります。
これらは、雑誌「VERY」のメイクページでも大反響になりました。こうしたTPOに合わせたメイクを、実践とともに学んでみませんか。


メイクでつくる品格

品格とは「見る人が尊敬したくなるような気高さ、おごそかさ」と記されています。
年齢を重ねていくことで、もともと日本人に自然と備わる美しさが際立つ人がいます。そういう方の立ち居振る舞いは、実は「それぞれの 人の表情」から生まれます。
そして、その美しい表情とは心に余裕や自信を持つことで生まれてくるものです。よい表情とは心の自信から。美しい表情とは、見た目の自信から生み出すものです。誰もが持つよい表情を、メイクによって美しい表情に変えるのです。
私の「素肌より美しいメイク」は、その余裕や自信を創り出す事が可能です。自分に合ったメイクで輝く表情を手に入れることができます。


自己演出メイク

メイクの方法ひとつで「美しく」も「美しくなく」もできます。メイクの力は、単にきれいに見せたり、嫌な部分を隠したりするだけでな く、その人の人格を映し出す鏡の役割も持っています。
例えば女優が役柄を演じきるために、私たちヘアメイクはもっとも老けた顔や醜い顔をつくり出すことも。もちろん、薄幸そう、品行悪そ う、清らかそう、仕事ができそう、やさしそう…などと自由自在に演出ができるのです。ということは、メイクによってなりたい自分にな れるともいえます。
そして、多くの女性はメイクによって演出した通りの姿になり切れるものなのです。なりたい自分を思い描いて、メイクの力でそ れを表現し、気持ちから自己演出する。それが、私がめざす「自己演出メイク」です。
こうした内容を必要に応じて講演した後、希望者を選んで「なりたい自分」をうかがいながらメイクを実演します。そして、簡単にできる メイクテクニックを説明していきます。
講演には、ご自身のフルメイクアイテムと鏡をお持ちいただくとより説明がしやすいかと存じます。